TOHOシネマズ ららぽーと船橋施設紹介

TOHOシネマズららぽーと船橋は、日本初のショッピングセンター・ららぽーとTOKYO-BAYにある10スクリーンを擁する千葉県下最大級のシネマコンプレックス!2013年に南館から西館に移転し、メイン館には日本初の音響システム「ドルビーアトモス」を導入。中学生の初デートから、ご家族揃っての初めての映画鑑賞まで「初」に縁のある劇場です。最高の映画体験は船橋から。

   

設備について

スクリーン

10スクリーン・1,881席の映画館。メインスクリーンに独自規格のラージスクリーン「TCX™」、日本で初めてドルビーの革新的なシネマ音響「ドルビーアトモス」を導入。全作品デジタルプロジェクターでの上映となり、3D映画や演劇・音楽・スポーツの中継などの新しいエンターテイメントの楽しみ方も提供していきます。

      
スクリーン 座席数+車椅子用スペース スクリーンサイズ 音響
SCREEN 1 92+(2) 4.2×10.0m MX4D™ デジタル5.1ch
SCREEN 2 104+(2) 3.8×9.0m デジタル5.1ch
SCREEN 3 126+(2) 3.8×9.0m デジタル5.1ch
SCREEN 4 403+(2) 10.1×18.8m 
TCX

DOLBY ATMOS(対応作品のみ)
SCREEN 5 313+(2) 7.5×17.7m デジタル5.1ch
SCREEN 6 100+(2) 3.9×9.2m デジタル5.1ch
SCREEN 7 248+(2) 6.4×15.2m デジタル5.1ch
SCREEN 8 99+(2) 3.8×9.0m デジタル5.1ch
SCREEN 9 248+(2) 6.4×15.2m デジタル5.1ch
SCREEN 10 128+(2) 4.1×9.8m デジタル5.1ch
10スクリーン 1,861+(20)    

アトラクション型4Dシアター"MediaMation MX4D™"

"MediaMation MX4D™"とは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムです。
映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。"MediaMation MX4D™"の登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。

音響について

全てデジタル上映になるため音声は非圧縮のデータとして記録されており、従来のフィルムで再生する音響規格には当てはまりません。そのため、現行の音響規格より良い音質でお楽しみいただけます。
※ドルビーアトモスは対象作品でのみお楽しみいただけます。

座席について

前席との間隔がゆったりと確保してあり、スタジアム形式で前のお客様を気にすることなく映画をご覧頂くことが出来ます。また、各座席にはカップホルダーが備えられており、売店でお買い求めいただいたドリンクやTOHOシネマズ専用のトレイを取り付けることが可能です。

入退館ルートのご案内

TOHOシネマズららぽーと船橋は、ららぽーとTOKYO-BAYの西館3階にございます。
最寄駅は、京成線船橋競馬場前駅、JR南船橋駅。
ららぽーとTOKYO-BAYオープン前:西館入口よりエレベーターで3階へお越しください。

※ご不明な点は劇場へお問い合わせください。

劇場からのお知らせ

  • 購入方法
  • ギフトカード