お知らせ

TOHOシネマズ 赤池 愛知県初のアトラクション型4Dシアター「MX4D®」を導入し、2017年11月下旬 グランドオープン!

 TOHOシネマズ株式会社は、2017年11月下旬に株式会社セブン&アイ・ホールディングスが愛知県日進市「赤池」駅至近にオープンする 『PRIMETREE AKAIKE(プライムツリー赤池)』 内に10スクリーン約1,700席のシネマコンプレックス 「TOHOシネマズ 赤池」 を出店いたします。
『PRIMETREE AKAIKE(プライムツリー赤池)』は、地域のお客様たちと共に成長し、地域のお客様たちが誇りに思え、赤池の成長に寄り添い、半歩先を見つめる商業施設。その中で「TOHOシネマズ 赤池」は、これまでのシネマコンプレックス運営で培った経験を活かし、非日常的な空間を意識した洗練された劇場を提案。東京で大好評のアトラクション型4Dシアター「MX4D」、TOHOシネマズ独自規格の左右の壁いっぱいに拡大されたスクリーン「TCX」に加え、さらにゆったりと映画をご鑑賞いただける 「プレミアボックスシート」 を愛知県の劇場として初導入し、最高品質の鑑賞環境を提供致します。

akaike-pars640.jpg


<充実の劇場設備>
■鑑賞スタイルは「観る」から「体感する」へ 愛知県初“MediaMation MX4D®を導入
mx4d-200.jpg
“MediaMation MX4D”とは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムです。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することで、一般的なシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現します。


■最高級の鑑賞環境を演出する 愛知県初「プレミアボックスシート®を導入
premiaboxseat-200.jpg
海外のエアラインでも採用されている革張りのシートに、重厚な木目調のボックスで仕切ることにより、映画鑑賞に没頭できるセミプライベートな空間を演出します。荷物置きも合わせ、従来シートの約1.5倍の広さです。




■通常スクリーンのワンランク上を行く 愛知県初「TCX®をメイン館に導入
tcx-200.jpg
TOHOシネマズの独自規格「TCX」。同規模の座席数のスクリーン比べ、約120%拡大された、左右の壁からいっぱいに拡大されたスクリーン。床、壁、天井やシートのカラーをダーク系に統一し、光の反射を軽減し、迫力のある映像に没入できる、通常スクリーンのワンランク上を行く映画鑑賞をご提供いたします。



■3次元的な映画音響 「ドルビーアトモス」をメイン館に導入
dolby200.jpg
頭上のオーバーヘッドスピーカーをはじめ、複数のスピーカーを増設することで、映画館内のどの位置にでも音を精密に定位、または移動させてよりリアルな3次元的表現が可能になりました。




■画期的な新技術を導入したスピーカーシステム 「ヴィヴ・オーディオ」を全スクリーンに導入
viveaudio200.jpg
繊細な高音域の再現性でプロフェッショナルに圧倒的な支持を得てきたリボンドライバー方式をシネマ用スピーカーに採用。また複数のスピーカーを直線状に並べたラインアレイ方式により、音の指向性が高まり、音が上下に拡散しないため、客席の前方から後方まで均一に音を届けることを可能にし、劇場内の「音のスイートスポット」を拡大します。


2017.07.19