お知らせ

10/15(土) シアターカルチャーマガジン「T.」34号 発売!!

■表紙&特集:細田守の10年、そして。
「時かけ」から最新作までを語る、独占2万字インタビュー!
「時をかける少女」の公開から10年を迎え、今秋の東京国際映画祭では「映画監督 細田守の世界」が上映。
新作の制作が進むなか、細田守監督はなにを思うのか?
10年間を振り返る2万字インタビューほか、スタジオ地図全面協力のもと、絵コンテや美術なども掲載し、30Pにわたる大特集を展開します。


■裏表紙&特集:感じる、「カゲロウプロジェクト」
4D対応の“体感型”完全新作アニメーション作品として公開されるMX4D?『カゲロウデイズ-in a day’s-』(11月4日公開)。その未だベールに包まれた作品世界に迫りつつ、誕生から5周年を迎え、ますます広がり続けている「カゲロウプロジェクト」の世界とその軌跡を振り返ります。


■特集:映画祭のすべて
東京国際映画祭開催にあわせて、“映画祭”特集を展開。カンヌやベネチア、ベルリンなど名前を聞いたことはあるけれど、実はよく知らない映画祭の世界をわかりやすくひも解きます。映画祭で作品を買い付ける配給会社の方々のインタビューや、映画祭で受賞を果たした深田晃司監督のインタビューなども掲載します。


■mini BOOK 映画祭ガイド
世界から日本まで、映画祭をデータブックで掲載。また、映画祭にまつわるトリビアもご紹介します。


■あわい光を受けて立つ、本木雅弘のたたずまい
約7年ぶりの主演作「永い言い訳」(10/14[土]公開)が控える本木雅弘を、写真家・野村佐紀子がスペシャルシューティング。光が降り注ぐ教会で、色気たっぷりに撮り下ろしました。西川美和監督との濃密な撮影を振り返り、俳優観についてたっぷり語ってもらったロングインタビューをあわせて掲載します。


■CLOSE UP:発光する風景「溺れるナイフ」
映画「溺れるナイフ」(11/5[土]公開)の原作者・ジョージ朝倉と、木村伊兵衛写真賞受賞作家・鈴木理策とのスペシャルな対談が実現! 映画のロケ地にもなった“熊野”という土地のパワーを語り合います。「意識の流れ」の作品も再掲。また、山戸結希監督や、大友役を務めた重岡大毅のインタビューも掲載した読み応えたっぷりな特集です。


●連載:SOSUKE IKEMATSU × MICHIKO KITAMURA
スタイリスト北村道子による、役者との人気フォトセッション企画。今号は池松壮亮をスタイリング!


●連載:箭内寿司
クリエイティブ・ディレクター箭内道彦が寿司を食いながら四方山話をする人気連載!今回のゲストは、オダギリジョー。


※以上は編集中の内容です。タイトルなどは変更になる可能性があります。
※販売は一部劇場を除きます。
※なくなり次第、販売を終了させていただきます。

---------------------------------

【通信販売について】※最新号は2016年10月29日(土)午前11:00より発売
「近くにTOHOシネマズの映画館がない」「バックナンバーが欲しい」というお客様は、通信販売もご利用いただけます。
http://www.kadokawashop.com/products/list.php?category_id=464

【ご注意】
※お支払はクレジットカード払いのみとなります。
※送料・手数料はお客様にご負担いただきます。
※お客様のご都合による返品はお受けできません。
※ご注文及び発送は日本国内に限らせていただきます。
※バックナンバーは品切れの場合もございます。予めご了承ください。
※商品ご購入に関する個人情報は、TOHOシネマズ及び、角川グループにて管理いたします。

2016.09.23